鹿児島女性の生き方

久しぶりに鹿児島の話。
鹿児島というと、「男尊女卑」(古い〜)というイメージが今でもけっこうあるらしい。星一徹みたいなとうちゃんが家で威張りまくっていて、気に入らないことがあるとちゃぶ台ひっくり返して大暴れ。そんな夫のやりたい放題に秋子のようにじっと耐える妻・・・まあ、こんな感じでしょうか。

がしかし、一度でも鹿児島の地に足を踏み入れたことのある人間は、このようなイメージがかなり誇張されたものであることに気づき始める。議論ではかあちゃんに勝てそうもないので、焼酎に逃げているカゴンマとうちゃんの姿を見てしまった瞬間、旅人が抱く感想はおそらく次の二つのいずれかであろう。つまり「平成の世になって鹿児島の男も変わったものだなあ。」そしてもう一つは、「薩摩隼人って実は・・・ヒソヒソ( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )」・・・。

というわけで、今回は鹿児島女性の生き方を奈良と比較しつつちと考えてみることにする。
男おいどんさん的にディテールにこだわりウンチクを語ってみたので、みなさん、
最後までめげずによんでくださいm(_ _)m 。長くてすみません。

ここに二つのグラフがある。
「年齢階級別女性の労働力率」というグラフなのだが、県別に統計が
出ており、誰でも簡単にインターネットでアクセスできるものである。
ここに鹿児島と奈良の数値(2000年)を並べてみる。そうすると面白いことが分かる。

c0070261_0542270.jpg

「鹿児島の年齢階級別女性の労働力率」(鹿児島労働局「鹿児島県の働く女性の実情」

c0070261_2341547.jpg

「奈良の年齢階級別女性の労働力率」(奈良労働局「奈良県における女性労働の概況」

「年齢階級別女性の労働力率」とは、簡単に言うと、15才以上の女性人口を5才刻みで総数を出し、そのうち就労している女性の割合をパーセントで表し、線でつなげてグラフにしたものである。

高校や大学を出た女性達が仕事に就き始める20代前半を見てみると、鹿児島は75パーセント以上が働いている。これは全国平均(70.5%)をかなり上回る。アメリカ並みである。一方、奈良の場合、同年代の女性で働いているのは65%。全国平均を下回るだけではなく、鹿児島と比べると10%の開きがあるのである。

30-34才の就業率が最低になり、30代後半からまた上がり始める。この曲線はその形がアルファベットのMに似ていることから、「Mカーブ」と呼ばれる。多くの日本の女性が育児の時期に仕事を辞め、子育てが終わってから仕事を始めるから、このような曲線を描くと言われている。

欧米では、女性の就業率が20代前半から高い上、この子育て期の「へこみ」がなくなりつつあるのだそうだ。つまり、子育ての時期も仕事をやめないということである。

で、また鹿児島と奈良のグラフに戻ってみる。
鹿児島も30-34才の女性の就業率は最低になっているが、全国平均よりも高い。6割近くの女性が働き続けている。その後もずっと全国平均よりも高い割合で女性は働き続ける。

奈良については、同年代の女性の就業率は半分以下となる。35-39才になってもその割合はほとんど上がらない。40代から上がり始めるが、全国平均よりも低いまま推移。鹿児島に比べると、10%以上低い。

つまり、鹿児島はきっちりMカーブを描く(子育てが終わったら女性は仕事に復帰するめりはりのある生き方)なのに対し、奈良はMカーブといってもかなり「右肩下がり」に近い(子育てが終わっても女性は仕事に戻らない)。

この二つのグラフから、やや乱暴に鹿児島と奈良の女性の一般的な生き方を対比的シュミレートしてみると、
  鹿児島パターン:学校を卒業すると同時にほとんどの女性は就職。結婚、出産の時期に仕事を辞めるが、子育てが終わるとかなりの確率で仕事に戻る。40代以降の就業率は20代前半とほとんど変わらないほど高い。

  奈良パターン:学校を卒業後、6割強が就職。残りは就職せず。就職した女性も出産・子育て期に多くが離職。子育てが終わり仕事に戻る女性もいるが、多くはない。働くのは出産まで、という女性がかなりの割合に上る。

農家の割合とか、近郊ベッドタウン化(妻が専業主婦の世帯が大阪や京都から転入してきて比率が高くなる)、とか差し引いて考えなければならない状況もあるのだが、それでもかなりの違いが見えてくる。

これは面白いぞ。他のデータも見てみることにする。
20代前半の女性の就業率が低いのは、結婚が早いから、という可能性も考えられる。では、鹿児島と奈良の初婚年齢を比べてみる。(2002年)

鹿児島 男性 28.5才 女性 27.0 才
奈良  男性 29.1 才  女性27.3才
全国平均 男性 29.1才   女性 27.4才
(福島県庁HP、「都道府県別平均初婚年齢」 

ほとんど違いがないじゃん(ってなぜかハマ弁さ)。
っていうか、鹿児島の方が奈良より結婚年齢が微妙に早いくらいだ。
20代の奈良の女性って、結婚もせず、仕事もせず・・・いったい何をやっているんだろう。

どんどん見ていこう。次は子供の数。鹿児島はかなり健闘している。奈良ダメぽい(^^;)

合計特殊出生率(2001年)  鹿児島 1.56   全国1.33  奈良 1.22
(ソース:鹿児島県庁HP「出生率・合計特殊出生率・死亡率」、奈良県庁HP
100の指標からみた奈良県勢


次は離婚率。奈良だけどうしても2001年が見つからず、2002年の数値。

離婚率(2001年)  鹿児島2.11 全国 2.27 奈良 2.1(2002年)
(ソース:http://www.pref.kagoshima.jp/home/hofukuka/kira/e1031405.htm
およびhttp://www.nantoeri.or.jp/topics/0307topics.pdf)
鹿児島も奈良もともに全国平均以下となっている。

ここでこれらの数字をもとに、なかば無理矢理、鹿児島の女性の生き方というものをまとめてみると、鹿児島の女性は外でばりばり仕事してお金を稼いで、子供も全国平均以上生んで、でも全国平均ほど離婚しないで家庭を切り盛りしている、というイメージ。

まさに肝っ玉かあちゃん、という感じか。
んで、鹿児島の女性が、こんな「肝っ玉かあちゃん」であったと仮定して、しつこいが秋子のようなじっと耐えるキャラクターとはどうも重なりにくい。
むしろ、「サザエさん」に出てくる花沢さんが大人になったような女性、を想像してしまうのだが・・・(;゚Д゚)

こないな感じでよかど?ですか。

こうして改めて見てみると、「薩摩おごじょ」ってやっぱすごい(;゚Д゚) 
鹿児島の女性の強い就労意欲と出生率の高さ(あくまでも相対的なものだけど)って昔からの伝統的なものなのか、それとも鹿児島社会がものすごく変わってきたのか、いったいどちらなんだろう。今、それが一番知りたい。

一方、なんだか、鹿児島と正反対な感じの奈良なんだけど・・・_| ̄|○
専業主婦率は高いが、子供の数が少ない、という奈良のイメージってやっぱり
根拠があったんだ。

というのか、いったいどうなるんだろう、奈良の女性の生き方は??
と、そっちの方が心配になってしまった。
[PR]
by yamato1724 | 2005-05-08 00:08 | 鹿児島について語る


段々いよいよ益々不定期更新になってきましたが頑張ります


by yamato1724

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

以前の記事

2010年 05月
2009年 03月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
more...

お気に入りブログ

海のまさやんの部屋
小さなベランダ菜園
あちらこちら探検し隊!
鹿児島県最南端 みさき大国
鹿児島の御茶碗屋つきの虫...
鹿児島の御茶碗屋の陶芸ビ...
通り過ぎる風
鹿児島の"まち"を考える
サラブリの風(2005-...
鹿児島県本土最南端みさき...
まさやんの家庭菜園
我が魂の島ヨロン島 Th...
Flying Bird
サラブリの風

リンク

ライフログ


魍魎の匣 スタンダード・エディション


陰陽師


陰陽師 2


財団法人日本漢字能力検定協会公式ソフト 250万人の漢検 新とことん漢字脳47000+常用漢字辞典 四字熟語辞典


チベット大虐殺の真実


東アジア・イデオロギーを超えて

カテゴリ

日常
非日常

世界
祝!ブログの節目
鹿児島について語る
ご連絡
今日の反省
趣味
地域おこし
ウンチク
パソコン様、マック様
地震だ!
台風
携帯電話
今日の怒!
タイ
日常の疑問点
ミャンマー

最新のトラックバック

X01T 発売日
from 発売日と価格
X01T 価格
from 発売日と価格
スマートフォンの現状と私..
from 人生足別離
ペット・犬の情報
from いぬっこだいすき倶楽部
変圧器適当サイト集
from 変圧器情報館
おもしろ市場
from おもしろ市場
<EPA>安倍首相とタイ..
from 思惑の断片
ミクシィおもしろコミュニ..
from mixi ( ミクシィ ) ..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧