カテゴリ:地域おこし( 3 )

スーパーと高齢化

1年半ほど前に近所にスーパーストアができた。
大型ではなく、せいぜい中型程度の店舗である。
しかし、それでも店舗の少ない住宅地では、かなり大規模な店となる。
我が家からの距離は1キロあまり。運動がてら徒歩で買い物に行くことは可能。
ただし、上がり下がりの坂道の多い地域なので、高齢者にはけっこうな負担となる。

高齢者用というわけではないのだが、歩いて10分足らずのところに、
ちいちゃなスーパーがあった。周りにはバス停、薬局、美容院、ケーキ屋、歯科医院、銀行のCD機などがあり、ちょっとした商店街の雰囲気があった。

ところが、中型スーパーができてまもなく、この小さなスーパーは店をたたんでしまった。
やはりより大きなスーパーとの競争に負けたのであろう。
まあこういう光景はあちこちで繰り広げられていることなのであるが、
この小さなスーパーの閉店は、高齢者を中心に少なからぬ影響を地域に及ぼした。

我が家にも高齢者(母)がいるのだが、気楽に徒歩で買い物に出ることができなくなり、
中型スーパーまで車で買い物に出掛けるようになった。
目が悪いので、できればもう車を運転したくない、と言っていた母だが、車がないと
買い物にも事欠く有様で、相変わらず自分で運転している。

バスで数分のところに大型スーパーがある。でも、昼間にバスを使うのはもっぱら高齢者。
というわけで赤字路線らしく、夏前にこの路線が廃止になる、という噂が流れた。
今のところ、その動きはないが、もしこれが現実化すれば、母たちはますます自分で運転し続けなければならなくなる。

私の勤務地は奈良よりももっと地方都市であるが、電車はおろか、バスの便が非常に悪く、
高齢者の足は、自転車か車。90才はいっているんちゃうか、と思うような高齢者でも運転しているのを結構見かける。右左折確認むちゃくちゃ、のおじいちゃんの運転する車(助手席のおばあちゃんと話しながら右折で横断歩道につっこむ)に引かれそうになったこともあるし、時速10キロくらいで走る車(やはりドライバーは超高齢の男性)をみかけることもめずらしくない。しかも運転中にタイヤのホイールキャップがはずれ、歩道まで転がってきてびっくりしたこともある。こうまでして運転しなければならないのか、と思うほどである。

でも、これが地方都市の「少子高齢化」の現実なんだろうと思う。
高齢者の多い地域で高齢者が住みよく生活するためには、実は、子どもや壮年層の存在が必要不可欠なのである。
就学児童が少なく、高齢者の多い地域では、行政の収入は減少し、支出ばかり増えることになる。また働き盛りの層が薄ければ薄いほど税収も減る。そうなると、行政は財政削減せざるを得なくなり、福祉や公共交通など赤字部門を直撃することになる。

つまり、働き口がないなどして若い人々が住めない町は高齢者も住みづらいということ。
こればかりは行政がいかにがんばろうともどうしようもない現実。
町村合併によるコスト削減だけでは乗り切れない。
そしてそのツケは次世代にまわされていく。

はっきり言って、これからは高齢者の側にも生き抜くための覚悟が必要になる。
そして、その結果が、この高齢者ドライバーなのではないか。

こういう風に考えていくと、これからの世の中、福祉や公共交通の点から言うと、高齢者にとって住みやすいのはむしろ「大都市圏」であり、地方都市や農村は逆に住みづらいということになる。他方、物価、人口密度、という点に関しては地方都市の方が住みやすい。
結局、自分にとって何が最重要課題なのかを考えて住む場所を選ばなくてはならなくなる。

なんだかなあ・・・。

大都市生活が苦手な私は、奈良の生活で十分満足しているが、果たして自分が歳をとったとき、ここに住み続けることができるのだろうか。

私たちが歳をとって高齢者になる頃は、いったいどういう時代になっているのだろう。
正直言って想像するのが恐い・・・(;゚Д゚)
母などはまだ年金が満額出ているけど、私が母くらいの年齢になる頃は・・・。

最近、エイジングに関する話ばかり書いているけれど、なんだか気楽に歳をとってはいられない状況に思える今日この頃なのである。

などと、けっこうブルーになっていたら、なんと店をたたんでいた小さいスーパーがまた開店した・・・! 地域から熱い要望があったようだ。さっそく行ってみた。
品数は前の7割程度になって、ほんとうに生活必需品、食料しかないという感じ。
でも、これだけでも助かる人々は多いと思う。母も喜んでいる。

ひとまずやれやれだ。
[PR]
by yamato1724 | 2005-09-08 18:23 | 地域おこし

奈良、燈火会に行く

8月15日の夜は燈火会(とうかえ)の最終日。
思い切って行ってみた。
燈火会が始まってもう何年か経つ。でも一度も行ったことがない。
市民ボランティアに全面的に頼った行事であり、例年、5~6月頃にボランティア募集
の案内が、自治会を通して回ってくる。
奈良の活性化のお役に立てるなら応募しようかな、と考えたりするのだが、
まだ一度も行ったことがないし、なかなか決めかねていた。
ということで、今回、とにかく一度行ってみようと思ったのである。

我が家は燈火会会場からバスで20分くらいのところにある。
5時過ぎに自宅を出発。
ところが、市の中心部に入る手前からスゴイ渋滞・・・びっくりだ(;゚Д゚)

後で分かったのだが、この日は、燈火会の最終日であり、高円山の大文字焼の日であり、そしてなぜか市内の遊園地も夜にイベントを開いたとのことで、ムチャクチャ催事が重なっていたのだ。

奈良公園周辺のレストランは、観光客でどこも満杯。長蛇の列が出来ているところばかり。普段客が入っているのを見たことのない中華料理屋にまで列が出来ている・・・!

猿沢池の近くで夕食。それからそのお店の厚意で二階に上がり、高円山の大文字焼に
火がつくのを見届ける。
c0070261_19583323.jpg


カンパも兼ねて提灯も買ったのだけれど、これから燈火を見よう!というときにあいにくの雨。
雨に濡れ、人に酔い、冷房にさらされ、の繰り返しで、とうとう体調もおかしくなり、
帰途につくことにする。でも、みな人は同じことを考えるらしく、帰る人の群れで、
駅もタクシー乗り場も大混雑。
電車に乗れるような体力も残っておらず、タクシーでの帰宅を選んだのだが、
これが間違いのもとだった・・・。
道路は信じられない渋滞。

京都へ帰る車で一条通はごった返し、奈良方面から左折できない車が流れを止める。
そこを通るのに一苦労。ようやくそれを過ごしたと思ったら、完全に車の動きが
止まる・・・市のはずれにある遊園地も夜のイベントがあったようで、そこから出てきて右左折する車が、直進車の通行を妨げているのだ。

っつーか、交通整理くらい雇えよヽ(`Д´)ノ >○リームランド

ちょっと信じられない状況。
確かに奈良は道が狭いし、道路網も能率的にめぐらされているとは言い難い。
でも夜の早い奈良は、8時を過ぎたらガランとしたものなのだが・・・。
今晩は夜9時を回っても、他府県ナンバーの車が狭い道路に溢れているという感じ。
とんでもない時間をかけてようやく自宅に到着。死ぬかと思った〜 (;´Д`)

タクシーの運転手さんとも話していたのだが、奈良市内は道路が狭い上に、駐車場が絶望的に少ない。だからちょっとした行事が入ると、あっという間に車が道路にあふれ出す。しかし、今回は燈火会最終日に大文字焼、さらに遊園地のイベントまで重なったとあっては、とんでもない状況になるのは火を見るより明らかだ。
なぜ、会場への車の乗り入れを禁止し、公共機関の利用を奨励しないのだろう。それどころか、他県ではこの燈火会の見学ツアーが企画され、
とんでもない大型バスで乗り付けてくる。これがさらに道路をふさぎ、駐車場を占領する。せめて市内に入る前に、小型マイクロバスに分乗すべきだと思う。

観光が今ひとつふるわない奈良にとって、お盆は重要なかき入れ時だと思うのだが、
奈良という都市の道路や駐車場のキャパをふまえる必要があるだろう。
なんだか人が集まればそれでいい、という無計画さが感じられて気になる。

以上、愚痴ばかり書いてしまっているようで気が引けるのだが、
今回のこの三つどもえの企画は、いろいろな意味で、あきらかに奈良市という都市のキャパを超えていたと思う。

なんで奈良は8月15日をこんな行事満載にしてしまったのだろう。
少しずつ日をずらしてはだめだったの??
ワタシ的には、8月15日という日に重要な行事の順位として、
大文字焼(戦没者の霊を送る意味もあるので)>>燈火会最終日>>(超えられない壁)>>>遊園地のイベント
やと思う。

とりあえず、来年の燈火会は最終日を避けようという結論に達したのだ。
[PR]
by yamato1724 | 2005-08-17 20:33 | 地域おこし

平城遷都祭

ちょっと遅れた話なのだが、サッカーの日本vsイラン戦、とりあえず見ていた。
サッカーはほとんど見ないし、良く分からないのだけれど、こういうときは
やっぱり日本を応援する。こうして日本国中、サッカーファンだけではない
多くの人が見ていて、かなりの視聴率だったんだろうな。
昨年の天津?での試合もそうだけれど、今回のイランといい、何だか
日本のサッカーは精神的にキツそうなところでばかり戦っているような気がする。
外国でのサッカーの国際試合って、国家の背負い方が半端じゃないようだ。
試合のたびに人が死んだりとか、暴動が起きたりとか。なんでそうなるのか、
良く分からないのであるが、サッカー好きで何も考えずに選手になった若者は、
国家背負って、プレッシャーとかたいへんだろう。それにしては、日本の選手たち
良く頑張っていると思う。
(今回は負けたけど。あのスタジアムの雰囲気観たら、これで勝つのはちょっと
半端じゃなくたいへんそうだという感想を持つ。)
サッカー選手ってちょっとみると、気楽なニイちゃんみたいな風体なのに、
同年代の日本の若者が味わえないすごい経験をしていると思う。
サッカー辞めても、きっと味のある人間になるだろうなあと想像。

c0070261_1823355.jpg

        「私も応援してました!」(ヒミコ・奈良在住)

ワールドカップ出場が決まるまでは、こういう予選試合が、日本を熱狂させる
でっかい「祭り」になるんだろうな。

ところで、先日話した「平城京・遷都祭」。昨年のを見つけた。

c0070261_185423.jpg

  平城京跡に復元された「朱雀門」です。まだ門しかありません。

c0070261_1882514.jpg

   門の裏側で、このように「大宮人」に扮装した老若男女がスタンバイ。
この後、朱雀門の周り一周行進して、表側から「入城」します。

肝心の行進のところは、ビデオで撮ったため、まだ未編集ですみません。
雅楽の奉納もあったように記憶。いろいろと「むむ・・・」と思う
ところもあるのだが、どのような祭りに成長するのか、奈良市民として
しばらく暖かく見守って行きたいと思っている。
WCサッカー予選をしのぐほど、日本中の関心を集める祭りには...
ならないだろうな。多分。
[PR]
by yamato1724 | 2005-03-27 18:33 | 地域おこし


段々いよいよ益々不定期更新になってきましたが頑張ります


by yamato1724

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

以前の記事

2010年 05月
2009年 03月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
more...

お気に入りブログ

海のまさやんの部屋
小さなベランダ菜園
あちらこちら探検し隊!
鹿児島県最南端 みさき大国
鹿児島の御茶碗屋つきの虫...
鹿児島の御茶碗屋の陶芸ビ...
通り過ぎる風
鹿児島の"まち"を考える
サラブリの風(2005-...
鹿児島県本土最南端みさき...
まさやんの家庭菜園
我が魂の島ヨロン島 Th...
Flying Bird
サラブリの風

リンク

ライフログ


魍魎の匣 スタンダード・エディション


陰陽師


陰陽師 2


財団法人日本漢字能力検定協会公式ソフト 250万人の漢検 新とことん漢字脳47000+常用漢字辞典 四字熟語辞典


チベット大虐殺の真実


東アジア・イデオロギーを超えて

カテゴリ

日常
非日常

世界
祝!ブログの節目
鹿児島について語る
ご連絡
今日の反省
趣味
地域おこし
ウンチク
パソコン様、マック様
地震だ!
台風
携帯電話
今日の怒!
タイ
日常の疑問点
ミャンマー

最新のトラックバック

X01T 発売日
from 発売日と価格
X01T 価格
from 発売日と価格
スマートフォンの現状と私..
from 人生足別離
ペット・犬の情報
from いぬっこだいすき倶楽部
変圧器適当サイト集
from 変圧器情報館
おもしろ市場
from おもしろ市場
<EPA>安倍首相とタイ..
from 思惑の断片
ミクシィおもしろコミュニ..
from mixi ( ミクシィ ) ..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧